コナミの独占契約でEAの【FIFA20】では偽名に

『KONAMI』が7月17日、サッカーゲームにおいてユヴェントスとの独占パートナーシップ契約を結んだと発表した。契約期間は3年間。
EA側も、ユーヴェとの契約は2019年6月末で終了していると発表。

ウイイレ2020でのユーヴェ

ウイイレシリーズ最新作「eFootball ウイニングイレブン 2020 (PES 2020) 」では、これまでのPMブラックホワイトという偽名ではなく、ユヴェントスFCとして登場する。

アリアンツ・スタジアムの完全再現に加え、18人の選手がリアルフェイスで搭載されることが発表されており、追加も予定されているとのこと。

ピアニッチがアンバサダーに就任したので、移籍はなしと考えて良さそうだ。

FIFA20でのユーヴェ

FIFAシリーズ最新作の「FIFA20」では、Piemonte Calcio (ピエモンテ・カルチョ) というチーム名で搭載されることが決定している。

ユーヴェのエンブレムやユニフォーム、スタジアムなどもEAオリジナルのものに差し替えられることとなるが、選手個人の名前や顔などのプロフィール情報に関しては、公式のデータが使用される。

独占契約はユーヴェだけ

2019年7月現在、ユーヴェ以外のビッグクラブでKONAMIとパートナーシップ契約を結んでいるのは、

  • バルセロナ
  • バイエルン・ミュンヘン
  • マンチェスター・ユナイテッド

しかし、上記のクラブとユーヴェが異なる点は、独占契約というところ。それだけKONAMIとの契約金が他クラブよりも多額なことは容易に想像できる。