エムレ・ジャンの移籍先はドルトムント

冬のカルチョメルカート最終日である現地時間31日、遂にドイツ代表エムレ・ジャン (26) のボルシア・ドルトムントへの移籍が、公式に発表された。ジャン本人もSNSを通じてユヴェンティーニへ別れのメッセージを綴っている。

移籍金は合計2,600万ユーロで決着

今シーズン終了時までは100万ユーロのレンタル料でドルトムントへ加わり、特定の条件 (詳細不明) が達成された場合には、買い取り義務が発生する。その際の移籍金は2,500万ユーロに設定され、3年分割で支払われることがユーヴェのプレスリリースで明らかにされている。

3,000万ユーロ以下の提示額では交渉が破談に終わるのではないかとも報じられていたが、金銭の交渉においてはドルトムントが一枚上手だった模様。

ユーヴェ加入時には1,600万ユーロのサインボーナスは発生したものの、移籍金ゼロのフリートランスファーでやってきたエムレ・ジャン。1年半でセリエAでは37試合4ゴール、CLにも6試合出場した。

しかしユーヴェ在籍時の一番のトピックスが、今シーズンのCLグループリーグ登録メンバーリストから漏れてしまい、メディアに不満をぶちまけた場面となってしまったことは残念。

ちなみに、ドルトムントでの背番号は27になるようだ。