C.ロナウド、クラシコを現地観戦

現地時間1日に予定されていたセリエA第26節のデルビー・ディ イタリア。今シーズンのスクデットの行方を大きく左右するであろう伝統の一戦は、残念ながら5月に延期となってしまった。

そんな中この日スペインでは、レアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコが予定通り開催された。試合はヴィニシオス.Jrとマリアーノ.Dのゴールで、ホームのレアル・マドリーが2-0で勝利したのだが、あのスーパースターが観戦している様子を、現地カメラが捉えていた。

バルサを終始圧倒したチームをVIPスタンド席から見守っていたのは、急遽ゲットした休日にプライベートで訪れた、クリスティアーノ・ロナウドだ。試合前に駐車場でファンのサインに応じるC.ロナウドをSNSなどでも確認できる。複数の友人たちと共に “帰ってきた” ようだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cristiano Ronaldo is at the Santiago Bernabéu for El Clásico. 😎

SPORTbible(@sportbible)がシェアした投稿 –

2018年夏にレアル・マドリーからユヴェントスに移籍したCR7。エスタディオ・サンチャゴ・ベルナベウに姿を現すのは、マドリー退団後では初めて (目撃された) 。

試合の結果や内容のみならず、チーム内の雰囲気が心配になるような映像も話題になってしまっている現在のユーヴェ。このタイミングで古巣の試合に訪れたことは、ユヴェンティーニからしたら好ましくないトピックスだ。

しかし約10年間過ごした街で、心身ともにリラックスしたオフを送れたのならば話は変わってくる。全てにおいてハイクオリティだったマドリーの戦いに、大きな刺激を受けたはずの「ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド」は、必ずやチームを勝利に導いてくれるはずだ。